家事室のある家事動線の良い間取り図

今回検証する家事動線は42坪4LDKの南玄関の間取りです。

キッチンは対面式キッチンでキッチンの背面収納のほかに
キッチン横にリビング収納があります。

南の庭に出ることのできる勝手口も付いています。

また、キッチンの背面には2畳の家事室が配置されています。
家事室の奥にはパントリー収納が2畳あり、
さらにキッチン周りの収納を充実させています。

キッチンからダイニングの配膳もしやすく
対面キッチンからはリビングのテレビを眺められる位置にあります。

ダイニングから近い位置に洗面室や脱衣室、バスルームがあり
家事動線もコンパクトにまとめられています。

2階へ移動する階段はリビング階段となっており
子供部屋に移動する場合でも必ず家族と顔を合わせてから
移動するような配置計画になっています。

2階には下屋干しのできる物干し室があり
さらに物干し室の南に物干しのできるバルコニーがあります。

リビングの一角には学習コーナーカウンターがあり
宿題を両親に見てもらいながら次の日の準備を行うことができます。

子供部屋は将来仕切るタイプで新築当初は広い部屋になり
広い部屋として自由に家具を配置して使うことができます。

和室は6畳の広さで引き戸をリビングに開放することで
リビングと一体化するのでよりLDKが広く感じられます。

玄関ホールには土間収納もあり収納量も豊富です。
さらに書斎も2階にあるので書籍の収納として使用できます。

カテゴリー: 家事動線 間取り,家事動線 間取り 40坪,家事動線 間取り図 | Tags: , ,




家事動線間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

一級建築士、一級建築士事務所を主催。住宅設計に20年たずさわる。ハウスメーカーの立ち上げ数社に参加協力。図年間1000件以上の間取りを手掛ける。

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村