パントリーとファミリークロゼットのある間取りの家事動線計画を検証

今回検証する家事動線は43坪5LDKのパントリー収納と
ファミリークローゼットのある間取りになります。

特徴はキッチンからパントリー収納を抜けて
さらにファミリークローゼットを経由して洗面脱衣室に入れるということです。

そのことによってダイニング側から行く方向とパントリー側から行く方向の
2通りの方法で洗濯機のある場所に行くことができます。

どちらを選んでもいいと思います。

キッチンを中心に回遊性のある間取りで
家事動線が使いやすくなっているという計画になります。

洗濯機からはすぐ階段を上って2階に上がることができるので
階段への距離も近く動線計画がコンパクトになっています。

ただ子供部屋を通ってからしか物干しのバルコニーに行けないので
1階の庭に干すということでなければ、
部屋を経由しなければいけない問題は残るといったところです。

リビングに面して和室6畳が付いており多目的に使えるようになっていますので
洗濯物をたたむ部屋、アイロンがけする部屋として使うことができます。

キッチンを中心にいろんなとこへの移動がしやすい計画になっているので
動線計画としては使いやすいのかなといったところです。

キッチンの背面収納も広く、パントリー収納があるので
キッチンの収納量も豊富ですし、
洗濯機のそばに洗面脱衣室に収納があるということや
ファミリークローゼットがあることで
着替えやタオルなどを収納しておくことができます。

そのことによって家族がクローゼットの方に取りに行けるので
その都度を呼ばれたりとかそういった
煩わしさなくしていくことができます。

カテゴリー: 家事動線 収納,家事動線 洗濯,家事動線 間取り | Tags: , ,




家事動線間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

一級建築士、一級建築士事務所を主催。住宅設計に20年たずさわる。ハウスメーカーの立ち上げ数社に参加協力。図年間1000件以上の間取りを手掛ける。

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村