32坪4LDKの総二階の間取りの家事動線を検証してみました

今回検証する家事動線は32坪4LDKの総二階の間取りになります。

玄関は東玄関になっており一階にリビングダイニングキッチンと水周り、
そしてリビングに接して和室が4.5畳配置されています。

キッチンは対面式で料理を作って配膳するのに楽な家事動線計画になっています。

勝手口もあることから外への動線も確保されゴミ出しや
洗濯物干しなどに出ることも可能になります。

キッチンの脇には洗面脱衣室に入る引き戸がついています。
洗濯機への動線が短くなっているので家事動線がコンパクトになっています。

2階のバルコニーに物干しをする場合には
独立階段を通って2階へ上がるようになっています。

バルコニーテラスへは寝室を通って行くことになります。

各部屋はバルコニーに面しているので布団干しなどをする場合は
各部屋からバルコニーに出る計画になっています。

物干しの銅線は少し長いように感じますが
家事動線はおおむねコンパクトに出来上がってると言えます。

28坪3LDK老後に住む平屋の間取りの家事動線計画

今回検証する家事動線は28坪3LDKの平屋の間取りになります。

アイランドキッチンを中心に回遊性のある間取りになっており、
料理をした後にダイニングのテーブルまで配線が
非常にスムーズに出来るようになっています。

キッチンに近い場所に洗面室と脱衣室が配置されており
浴室までも近いため家事動線がコンパクトにまとめられています。

洗濯物を取り込んでみなみ野駅までの距離も非常に短くなっており、
外部の物干しを利用する場合でも非常に移動距離が短くスムーズになっています。

キッチンを中心にどこにでも行きやすい間取りになっているので移動距離が短く、
老後に住む平屋の間取りとしては適している間取りになっています。

平屋の間取りですので2階のフロアもなく上下の移動もない
というところも老後の住まいとしてはとても良いいったところです。

玄関は北玄関になっており玄関を入ると3畳の広いシューズクロークがあります。

間取りは3 LDK になっていて家族で暮らすことのできる間取りになります。

リビングを中心に寝室が東側に配置され、4畳の収納スペースがあります。
リビングに接して6畳の洋室があり、1畳のクローゼットルームがあります。

玄関付近には4.5帖の洋室があり1畳のクローゼットルームがあります。

廊下のない間取りですので無駄がなく
延べ床面積を最大に生かしたスペースを作ることができています。

家事動線のを28坪の間取りで検証、子供部屋を通って物干しが不便か?

今回検証していく家事動線計画は28坪3 LDK の間取りになります。

北玄関になっていて玄関を入っていくとすぐリビングの方と
トイレの入り口があります。
トイレの入り口は真正面に来ないように見た目に配慮しています。

玄関にはシューズボックスがあって靴を収納することができます。

リビングダイニングの方は16畳のスペースになっていて
横に振りスペースがに場着いています。
合計18畳くらいのスペースになります。

キッチンは対面式キッチンになっていてキッチンの側には洗面脱衣室があって
洗濯機の方に行きやすい配置になっています。

対面式キッチンの南の方にダイニングあって、
配膳しやすいような計画になっています。

リビング階段で2階に上がっていき、南のバルコニーでは個室を通っていくようになります。

洋室5畳を子供用に使った場合、子供部屋を通って物干しするという形になるので
少し不便に感じる可能性があります。

これを解消したい場合は、寝室を南側に配置して通り抜けられるようにするか
部屋を通らずに行けるように真ん中に廊下を作るというプランも考えられます。

1階の庭に物干しするということであれば、南の方の庭にも物干しができるので、
リビングのダイニングの掃き出し窓の方から南に出て
そこから庭に物干ししていくということができます。

2階のベランダには布団を干すという考え方になります。

洗濯機からキッチンリビング階段への動線がスムーズなことが
このプランの良い所になります。

2階に物干しをする場合に少し子供部屋通るという難点がある弱点もあります。

パントリー収納のある間取りの家事動線計画

今回検証するのは38坪4 LDK のパントリー収納のある間取りになります。

キッチンは対面式キッチンでダイニングと畳コーナー
そしてリビングを一望できるような形になっています。

キッチンの背面の収納も広く、横にはパントリー収納が配置されています。

対面式のキッチンからダイニングまでの配膳の経路もスムーズで
作業のしやすい動線計画になっています。

また洗濯機のある脱衣室へもキッチン脇の引き戸を開放していくことができるので
短い距離でスムーズに行くことができます。

玄関からの荷物の搬入はシューズクロークを経て、
廊下を経由しながらキッチンに行くことができます。

途中でシューズクロークの中に荷物を一時置くということもできます。

宅配便で届けられた段ボールなどもシューズクロークに一時置きすることも可能になるので
玄関や部屋が雑然と散らかってしまうということも避けられます。

1階の物干しに行く経路をキッチンから廊下を経て
階段を登るというのがスムーズな動線計画になっているので
物干しの動線計画も短くなります。

1階の南に干す場合でもリビングや畳コーナーから外に出ることはできるので
スムーズに庭に出ることも可能です。

パントリー、キッチン、ダイニング脱衣室など
家事動線が横並びに繋がっているので移動しやすい間取りになっています。

家事コーナーのある家の間取りと回遊性のある家事動線計画

今回検証する家事動線は43坪4LDKの家事コーナーのある間取りです。

キッチンはアイランド式になっておりキッチンを中心に
ぐるぐると思われる回遊性のある間取りになっています。

キッチンの脇には3畳の家事コーナーがあり、使い勝手がよくなっています。
キッチンのそばに洗面脱衣室があって、洗面室と脱衣室が分かれています。

脱衣室には収納スペースと洗濯機置き場があります。

洗濯機置き場までキッチンからスムーズに行けることから
家事動線が非常にコンパクトで使いやすい動線計画になっています。

またお風呂にも近いのでキッチンからの作業の移動距離が非常に短くなっています。

物干しは2階のベランダに干すようになっています。

折り返し階段を上って2階に行くようになりますが
階段はキッチンのすぐそばにあることから階段を移動して
2階のテラスまでの移動距離も非常に短くなります。

2階のホールは広くなっており、部屋干しができるようなスペースになっています。

このことから外に干さなくても部屋の中に洗濯物干せるので
最短距離での家事動線を実現しています。。

脱衣室の方に乾燥機を向けるというのでも良いのですが
それだけだと足りなくなって部屋に洗濯物が散乱してしまう場合がありますので
こういった部屋干しのスペースというのは非常に有効な手段です。

梅雨の時期の雨の多い時期などに活躍する他、
花粉の時期などあるいは空気の汚れている地域などで活躍します。




最近の投稿

プロフィール

一級建築士、一級建築士事務所を主催。住宅設計に20年たずさわる。ハウスメーカーの立ち上げ数社に参加協力。図年間1000件以上の間取りを手掛ける。

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村