家事室のある間取りの家事動線計画を検証する

今回検証する家事動線は42坪5LDK のプランになります。

玄関は東玄関になっていてリビングダイニングキッチンが
18畳のスペースで南の方に配置されています。

キッチンは対面式キッチンで家事室2畳がキッチンの横についています。
家事室から脱衣室、浴室へ通り抜けることができるので
家事動線がコンパクトになっています。

またキッチンからダイニングへの配膳もスムーズで
キッチン付近からリビング階段で2階へ上ることができるので
2階の物干しバルコニーテラスへも移動距離を少なくすることができます。

寝室の方から直接バルコニーに出ることができて
寝室は10畳と広いため寝室でアイロンがけをしたり
洗濯物畳んだりと作業するスペースを十分に確保することができます。

間取りは部屋数も多く家族の多い場合でも
それぞれに個室を与えられる間取りになります。

洗面室と脱衣室が分かれているので家族がお風呂に入っている時でも
洗面台を使うことができてさらに2階に洗面台があって
2箇所トイレ洗面があることでストレスのない生活を送ることができます。

32坪4LDKのコンパクトな住宅の家事動線計画

今回検証する家事動線は32坪4LDKの北玄関の間取りになります。

リビングダイニングキッチンは南側に配置され
キッチンは対面式キッチンでダイニングとリビングを見渡すことができます。

リビングに対して和室が隣接しており、
引き戸を開放することで一体化することができています。

キッチンからはダイニングリビングに行きやすく
料理をしてすぐ配膳をすることができるようになっています。

北側に洗面脱衣室と浴室があってキッチンからは
近い距離で行きやすくなっています。

また階段は独立階段になっていて
2階に上がるのもキッチンからの距離も近く
洗面からは距離も近いキッチンと洗面の間に配置されています。

階段を上っていくと寝室を経由して物干しに出ることになります。

理想的には部屋を通らずに物干しのできるんです。

バルコニーに出れると良いのですけれども
32坪という延べ床面積の住宅での配置の中では
寝室を経由するということでコンパクトに収められているといえるので
工夫されていると考えてよいでしょう。

洗面脱衣室のスペースも広く全体的に部屋数も
部屋の大きさも確保されているので
バランスの良い住宅になっていると言えます 。

廊下も少なく移動の距離も短く収められていることで
ローコスト住宅化もできています。

34坪4LDK、寝室を南に配置した住宅の家事動線計画

今回検証する家事動線は34坪4LDKの間取りです。

南道路の想定になっていて南玄関から入っていきます。
玄関付近にはトイレと共用のコートをかけるクロゼットがあります。

リビングダイニングキッチンは18畳で対面式キッチンになっています。
キッチンのすぐそばに洗面脱衣室があって、浴室へ繋がっていきます。

洗面脱衣室の横には一畳のリネン庫収納があり、
タオルや着替えなどを入れることができます。

対面式キッチンで配膳もスムーズに行うことができます。
洗面脱衣室の近くにリビング階段があるので2階への移動もスムーズになります。

キッチンの北側に洋室6畳があり、クローゼットルームもあります。
こちらの部屋は書斎に使ってもいいし主婦専用の家事室に使ってもいいと思います。

2階へ上がると寝室が南の方にあって物干しのできるバルコニーテラスへ続いています。

南の広いバルコニーで物干しをした後に寝室でアイロンがけをしたり、
洗濯物を畳んだりすることができます。

寝室にはウォークインクローゼット3畳がついていて、
廊下には共用の納戸2畳があります。

2階と1階にトイレがあるので便利です。

6畳の洋室が2室あって各部屋には1畳のクローゼットがあります。
シンプルな形状の間取りになるので屋根形状もシンプルになります。

そのことで雨漏りなどもしにくい
集中豪雨にも強い住宅になるプランになります。

老後に便利な小さな平屋の間取り図と家事動線計画

今回検証する家事動線は24坪2LDKの平屋の間取りになります。

玄関ホールを入ると中央部分に水回りがまとめられています。

水回りの方にはキッチン側とリビング側と2箇所から出入りが出来るので
回遊性のあるような間取りになっています。

キッチンは対面式で料理をして配膳するのも楽になっています。
また脱衣室の洗濯機の方にキッチンから行きやすいように
洗面室側に引き戸が設けられていて
移動距離の短い家事動線計画になっています。

寝室の一角に小上がりの畳コーナーがあるので
アイロンをかけたり家事をするスペースに使っても良いと思います。
物干しは南側の庭にスペースを設けていきます。

平屋の間取りですので移動は階段がないので
上下階の上り下りはありません。

平面的な家になるので老後の住宅のプランとして
最適な間取りになっています。

建物の形状はシンプルで屋根形状もシンプルなため
外観も美しくなっていきます。

またシンプルな形状ですのでバランスも良く耐震性にも優れ、
台風などの不抜も受けにくく、メンテナンスも比較的少ない
間取りになっていくと思います。

そういった意味でもシンプルでコンパクトで
小さな平屋の間取りは一人で住んだり二人で住んだりする
老後の間取りとして最適です。

家事動線もコンパクトになっていて単身者向きと言えます。

パントリーの広い間取りの家事動線計画。回遊性のあるプラン

今回検証する家事動線は46坪4LDK の間取りになります。

キッチンは対面式キッチンでダイニングの方に配膳するのに距離も近く
家事動線がコンパクトになっています。

洗濯をするスペースへの移動もキッチン脇のパントリーを通って移動できる事から
裏動線があることによってコンパクトにまとめられています。

洗面脱衣室から2階のテラスへ物干しする場合も
独立階段を上ってスムーズに移動することができます。

寝室を通って物干しテラスに移動するようになります。

洗濯物を取り込んだ後に寝室の方でアイロン掛けをしたり
畳んだりとかそういった作業もできるようになっています。

間取りの方はパントリー収納が4畳と非常に広いので
家事をするのに非常に便利なスペースになっています。

キッチンからダイニングとリビングへの移動もスムーズで
見渡すことができるので主婦目線で使いやすい間取りになっています。

リビングに接して和室4.5畳があり引き戸で開放できるので
多目的に使うことができます。

ゲストルームになる他に子供の遊び場家に使ったり
赤ちゃんを寝かせる部屋に使ったり主婦専用の書斎に使っても良いでしょう。

畳ではなくフローリングにするという方法も一つもアイデアです。
2階にセカンドリビングがあるのでこちらの方も多目的に使うことができます。




最近の投稿

プロフィール

一級建築士、一級建築士事務所を主催。住宅設計に20年たずさわる。ハウスメーカーの立ち上げ数社に参加協力。図年間1000件以上の間取りを手掛ける。

アーカイブ