二階リビングの間取りの家事動線計画

今回検証する家事動線は45坪の2階リビングの間取りです。
二階リビングで洗面脱衣室やお風呂も二階にある配置計画です。

二階にお風呂や洗面脱衣室があるメリットは
キッチンからの動線が近くなることです。

二階にあ水回りが集中することで
移動が極めて少なくなっていることがわかります。

そして物干しまでの距離も近いために上下の階の移動がなくなっています。

料理をして配膳の動線は対面キッチンでスムーズに
キッチンから洗濯機のある洗面脱衣室へ
お風呂掃除のためにおふろへも近くなります。

洗面脱衣室の洗濯機からベランダへも
階段を通らない計画になるので平面の移動だけです。

乾燥器を使っている場合でも
洗面脱衣室脇のリネン庫へすぐにしまえる。
納戸への距離も近い間取りになっています。

納戸をファミリークロゼットにしてもよいでしょう。

各部屋に衣類を運ぶ場合だけ上下階の移動が出ますが
基本的に一度二階へ上ってしまえば移動距離が短いのが

二階リビングの間取りなのです。




カテゴリー: 家事動線 収納,家事動線 間取り,家事動線とは | Tags: , ,




家事動線間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

一級建築士、一級建築士事務所を主催。住宅設計に20年たずさわる。ハウスメーカーの立ち上げ数社に参加協力。図年間1000件以上の間取りを手掛ける。

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村