部屋干し室のある間取りの家事動線計画

今回家事動線を検証する間取りは33坪4LDKの間取りです。

この間取り図の特徴は2階の中央にある部屋干しのできる
物干し室のあることです。

物干し室への移動はキッチンから近くなるように、
リビング階段で上るようになっています。

物干し室の南側には東西に幅広いバルコニーがあり、
布団などを干すことが可能になります。

キッチンは対面式でリビングダイニングを見渡す位置にあり、
キッチンから洗濯機のある脱衣室へも行きやすくなっています。

主婦の家事動線はコンパクトに納まり、
移動しやすい間取り図になっています。

間取りは総2階になっており、長方形の形状であることから
ローコスト住宅出の建築が可能になります。

今回の間取りは、東道路の想定で東玄関になり、

南に広い庭を確保して明るい部屋を多く確保しています。

33坪の延べ床面積でベッドルームは4室と
リビングダイニングも広く確保できています。

各部屋は日当たりと風通しもよく
快適な環境を実現しています。

広いウォークインクロゼットなど収納量も充実しています。

カテゴリー: 家事動線 洗濯,家事動線 間取り図,間取り シュミレーション | Tags: , ,




家事動線間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

一級建築士、一級建築士事務所を主催。住宅設計に20年たずさわる。ハウスメーカーの立ち上げ数社に参加協力。図年間1000件以上の間取りを手掛ける。

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村