家事動線のを28坪の間取りで検証、子供部屋を通って物干しが不便か?

今回検証していく家事動線計画は28坪3 LDK の間取りになります。

北玄関になっていて玄関を入っていくとすぐリビングの方と
トイレの入り口があります。
トイレの入り口は真正面に来ないように見た目に配慮しています。

玄関にはシューズボックスがあって靴を収納することができます。

リビングダイニングの方は16畳のスペースになっていて
横に振りスペースがに場着いています。
合計18畳くらいのスペースになります。

キッチンは対面式キッチンになっていてキッチンの側には洗面脱衣室があって
洗濯機の方に行きやすい配置になっています。

対面式キッチンの南の方にダイニングあって、
配膳しやすいような計画になっています。

リビング階段で2階に上がっていき、南のバルコニーでは個室を通っていくようになります。

洋室5畳を子供用に使った場合、子供部屋を通って物干しするという形になるので
少し不便に感じる可能性があります。

これを解消したい場合は、寝室を南側に配置して通り抜けられるようにするか
部屋を通らずに行けるように真ん中に廊下を作るというプランも考えられます。

1階の庭に物干しするということであれば、南の方の庭にも物干しができるので、
リビングのダイニングの掃き出し窓の方から南に出て
そこから庭に物干ししていくということができます。

2階のベランダには布団を干すという考え方になります。

洗濯機からキッチンリビング階段への動線がスムーズなことが
このプランの良い所になります。

2階に物干しをする場合に少し子供部屋通るという難点がある弱点もあります。

カテゴリー: 家事動線 洗濯,家事動線 間取り,間取り シュミレーション | Tags: , ,




家事動線間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

一級建築士、一級建築士事務所を主催。住宅設計に20年たずさわる。ハウスメーカーの立ち上げ数社に参加協力。図年間1000件以上の間取りを手掛ける。

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村